2月14日はバレンタインデー!起源は?チョコレートは日本だけ!?

バレンタインデー

スポンサーリンク

こんばんは、タクです。

明日は待望?のバレンタインデーですね。

日本では、女性が好きな人やお世話になっている男性にチョコレートを贈るのが、当たり前の習慣になっています。

ここで、ふと疑問?

これってまさかお菓子メーカーの陰謀じゃないですよね!?^^;

以前から疑っていたことでもあるので、ちょいと調べてみました。

日本のバレンタインデーの起源は?

バレンタインデー(2月14日)は、世界共通のイベントで一般的には愛の誓いの日とされている。

日本では、戦前に来日した外国人が行い、戦後にお菓子業界が普及させていったようだ。

日本での起源は、あるお菓子メーカーがチョコレートを渡す儀式を思いつき、それに便乗して製菓会社やデパートが販促のために普及させていったという説が最も有力。

スポンサーリンク

日本のバレンタインデーの特徴としては、チョコレートがもっとも重視され、女性から男性へ愛の告白をする機会だと思われている。

また、キリスト教とも関係がなく、義理チョコや本命チョコなどがあるのも日本だけのようだ。

外国のバレンタインデーってどんななの?

■アメリカ・ヨーロッパ ⇒男女関係なく、親しい友人や恋人に花やカードなど様々なものを贈る。

■サウジアラビア ⇒違法行為でバレンタインデー自体が禁止されている模様。

■中国語 ⇒【情人節】と言われ、男性から女性に花を贈ることが多い。

■ベトナム ⇒男性が女性に尽くしまくる日。

日本のバレンタインデーは、お菓子メーカーが利益のためにチョコレートを贈る行為を普及させたということなのでしょう。

予想通りというか、日本の行事はこんなの多いですね~

それが分かってても、チョコレートが欲しいのは僕だけか?^^;

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です