マーク・カーペレスwikiは?国籍は?マウントゴックスCEO

Mark Karpeles

スポンサーリンク

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の日本運営会社「MT.Gox(マウントゴックス)」は、経営破綻してしまいましたね(*_*)
「MT.Gox(マウントゴックス)」の社長(CEO)であるマーク・カーペレス(Mark Karpeles)氏のプロフィールや海外でのニュースを調べてみました。

マーク・カーペレス(Mark Karpeles)氏のプロフィールwiki

【職歴】

  • CEO
    Shade 3D Co.,Ltd.
  • CEO
    MtGox Co. Ltd.
  • CEO
    Tibanne Co.,Ltd.
  • Ext dev
    PHP

【言語】

  • English
  • Japanese
  • French

【国籍】フランス
【年齢】28歳

MT.Gox(マウントゴックス)の海外ニュース

ビットコインの世界一の取引量を誇るBTCチャイナが、今回のマウントゴックスの問題で共同声明文をウェブに掲載しています。

Mt.Goxに関する共同声明

このドキュメントの目的はMt.Goxに関するBitcoinコミュニティに共同声明をまとめることである。

スポンサーリンク

Mt.Goxのユーザーの信頼のこの悲劇的な違反は、1企業の忌まわしい行動の結果であり、回復力やbitcoinの値とデジタル通貨の業界を反映していない。bitcoinに関わる信頼できる、責任ある企業の何百もあります。これらの企業は、より安全で、消費者や商人にも使いやすいbitcoin行うことで、お金の未来を構築するために継続します。任意の新たな産業と同じように、そこに淘汰される必要がある特定の悪役があり、それは我々が今日見ているものです。

我々は非常に有能なチームが主導し、信頼できる投資家に裏打ちされた強いBitcoin会社は、繁栄していきますし、インターネット時代における支払いの未来としてオファーをbitcoin約束を果たしていること、しかし、自信を持っている。

富士山の欠点で浪費信頼を再確立するためには。GOXは、責任あるbitcoin交換は一緒に働いているとbitcoinの未来とすべての顧客資金の安全性にコミットしている。、Coinbase、クラーケン、BitStamp:再保証する顧客への取り組みの一環として、次の交換は公に顧客とのすべての資金が安全かつ確実な方法で継続して保有する一般市民を安心させるために来日間の活動の調整されますサークル、およびBTC中国。

私たちは強く、透明で思慮深く、かつ包括的な消費者保護対策を信じています。我々は道をリードすることを誓約。

Bitcoin事業者は、彼らが取引所、ウォレットサービスまたは支払プロバイダになるかどうか、彼らは彼らの顧客のための資産として保有bitcoin上で重要な親権な役割を果たしている。カストディアンとして作用するために顧客の資産を使用しないように独立して、定期的に監査され、テストされ、適切なセキュリティ保護手段、適切なバランスシートや商業事業体、透明性と説明責任、顧客の開示、および明確な方針などの埋蔵量を含む高バーを要求すべきであるレバレッジ取引で自己勘定取引や証拠金ローン。それはMtGoxは金融サービスプロバイダーとして任意のこれらの基本的要件に続くことを私たちのいずれにも表示されません。

次の業界リーダーは、このステートメントによってスタンド:

フレッドEhrsam – Coinbaseの共同創設者
ジェシー·パウエル-クラーケンの最高経営責任者(CEO)
NejcKodrič – Bitstamp.netの最高経営責任者(CEO)
、BTC、中国の最高経営責任者(CEO) -ボビー·リー·
ニコラ·カリー- Blockchain.infoの最高経営責任者(CEO)
のJeremy Allaireの-サークルの最高経営責任者(CEO)

2014年2月25日

※翻訳ソフトによる直訳(BTC China)

今後のビットコインの動向に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加