直購族とは?韓国インターネット通販でモールテール利用者が急増!

直購族とは

スポンサーリンク

タク@now365netです。
最近、テレビや新聞などで「直購族」という言葉をよく耳にします。
なんでも主に韓国で起きている現象で、安倍政権発足後の急速な円安傾向が影響しているのだとか…
それに伴って、「モールテール」というサービス利用者も急増している模様です。
今回は、「直購族」と「モールテール」のサービスについて、また利用者急増の理由について調べてみました!

直購族とは?

簡単に説明すると、「日本から直接輸入して購入する人々」
安倍政権発足後の急速な円安により、主に韓国で日本のインターネット通販を利用して直接購入して輸入する人々が急増しているらしいのです。
近年、韓国の通貨「ウォン」は、日本円に対して大きく値を下げており、円安ウォン高が続いています。
韓国ウォン/円の為替レート

※出典元:http://ecodb.net/exec/trans_exchange.php?type=EXCHANGE&b=JPY&c1=KRW&ym=M&s=&e=

韓国の人は、以前より少しのお金で多くの日本製品を買うことが出来ますね。
これが主に韓国で「直購族」が増えている大きな理由です。

しかし、全てのインターネット通販サイトが、日本から海外(韓国)への海外発送をしているわけではありません!
そこで登場するのが、「モールテール」のサービスになってきます。

モールテール(malltail)とは?

海外通販・個人輸出入のコンシェルジュサービス
購入した商品を、日本・米国・韓国・ドイツのmalltail配送センターで、スタッフが代わって商品を受け取り、各国へお届けする「国際配送代行サービス」です。

スポンサーリンク

【海外→日本への国際配送の場合】
海外から日本への配送に対応していないネットショップで購入した商品の送り先に、アメリカ、韓国、ドイツの国際配送用住所(malltail配送センター)を指定して、各国ののmalltail物流センターに配送します。
現地のmalltailスタッフがお客様に代わって荷物を受け取り、ご指定の日本の住所へ荷物をお届けします。
【日本→海外への国際配送の場合】
日本から海外への配送に対応していないネットショップで購入した商品の送り先に、日本の国際配送用住所を指定して、日本のmalltail物流センターに配送します。
日本のmalltailスタッフがお客様に代わって荷物を受け取り、ご指定の海外の住所へ荷物をお届けします。

日本で購入した商品を海外の知人や顧客に送りたいという日本在住のお客様のほか、日本のネットショップで商品を購入し、海外で受け取りたいという海外在住のお客様にもご利用いただけます。

※malltailサイトより引用

【日本⇒海外転送サービスのメリット】

  • 海外への発送未対応の日本のショップで買い物ができる!
  • 現地価格で購入できる!(日本の価格で購入できて、送料がプラスになるのみ)
  • 日本の受け取り専用住所が割り与えられる!(手数料無料)
  • 破損や不足の検品をしてくれる!(現地でスタッフが発送前に事前に確認してくれます)
  • 配送が早く、送料も安い!(法人契約の運賃適用)
  • 「おまとめ梱包」サービス!(異なるショップの商品をまとめれるので、送料も安く抑えられます)
  • カスタマーサポート体制完備!(電話・メール)

これだけのサービスが、登録無料で転送サービス料金のみで利用できます。
円安ウォン高が続けば、転送料金を支払ってでも日本の質の良い商品が手に入るのならお得ですよね♪
韓国で「直購族」と言われる人々が急増するのも納得です(^^)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です