バリ島沖不明日本人5人救出!生存者名は?遭難・発見場所は?

バリ島沖日本人7人不明!

スポンサーリンク

インドネシアのバリ島沖でダイビング中の日本人女性7人が14日に行方不明になった事故で、7人のうち5人が救出されたというニュースが飛び込んできた。

現場の潮流の速さから、救出は困難を極めると予想されていましたが、地元当局の懸命の捜索で現場から約20キロ離れたペニダ島南岸で発見され救出されました。

救出者名(17日現在)

古川さおりさん(37)
森園彩さん(27)
山本栄美さん(33)
冨田奈穂美さん(28)
吉留温美さん(29)

5人はスリ傷を負っているが、容体は深刻ではないようです。

残り2名の捜索も懸命に行われています。

スポンサーリンク

この事故が起こった場所はどこでしょうか?

大きな地図で見る

5人が発見されたのは、レンボンガン島南東にあるペニダ島南岸ということです。
航空写真を拡大していくと、かなり切り立った崖が続いていることが分かります。

この辺はかなり潮の流れも速く、遭難現場から20キロ離れたところで見つかっています。

因みに遭難当時のバリの気象状況は、
天気:曇
気温:27.5℃
湿度:81%
風速:4m/s
風向:西

気象条件はさほど悪くはなかったようです。

やはり、潮流の速さが直接の原因かと推測します。

お二人の無事をお祈りいたします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です